難易度の高い宅建の資格を独学で学ぶ方法とは

テキスト選びと学習計画

男女

最新のテキストを選ぶ

就職や転職に有利な資格としてよく耳にするのが宅建です。宅地建物取引主任者の略で国家資格であり、不動産取引などの契約時にお客様に重要な事項を説明するのが宅建士の仕事です。この資格がないと重要事項の説明をすることができないのです。この仕事をするには、宅建に合格しなければなりませんが、合格率15%前後と難易度が高い資格です。専門的な勉強をすることになりますから通信講座や専門学校に通学して学習される方が多いです。独学についてですが、不動産業界に働いている人であれば業務に携わっていることもあり学習しやすいのですが、何の知識もなく関係ない仕事をしていて独学でとなるとハードルは高くなりますが、決して独学は無理ということではないです。独学で宅建の学習をするには、まずテキスト選びからです。安く済ませようと古本屋などで問題集や参考書を探すのはおすすめしないです。法改正や税制改正などがありますので、最新の傾向を捉えていなければなりませんので、2017年度版など最新年度の参考書を購入するのがおすすめです。そして、一緒に購入するのが過去の問題集です。問題集は繰り返しときます。間違えた問題にチェックをしておき、どこが弱点かを理解しておきます。そして今の自分の実力をするためにも専門学校の模試などを受けるなどして確認をします。宅建の資格に合格したら、不動産業界にとどまらず建築関係や小売業、金融業界、保険業界など活かせる場が多数あります。