難易度の高い宅建の資格を独学で学ぶ方法とは

宅地建物取引主任者に合格

ビルと男性

効率よく学習する方法

国家資格の中でも特に人気があるのが、宅建であり正式には宅地建物取引士といいます。この資格は特に不動産業界で活かすことができ、土地・建物の売買や仲介を行う際に宅地建物取引士が売主または買主に対し重要事項の説明を行います。この重要事項の説明は、宅建士でなければ説明をすることができない業務なのです。そのため、宅地建物取引を行う業者は事業所1つまたは5人中1人は宅地建物取引士を設置しなければならないのです。企業によっては、この資格を保有しているだけで資格手当がつくので、人気なのです。不動産業界だけでなく金融業や飲食業、小売業などその知識は幅広く活かすことができるのです。宅建に合格するためには資格の専門学校に通わなければならないというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、独学でも十分に合格をすることができます。独学は、テキスト選びが重要ですが安く済ませようと古本屋で参考書を買うのではなく、最新年度のものを買います。法改正などで変更された箇所があるので、必ず最新の傾向を捉えたものを購入することが大切です。それから過去の問題集です。その他に模擬試験や予想問題などを繰り返し行います。独学で過去の問題だけやっておけば大丈夫というわけではありませんが、判例や事例問題など点数が取りにくい問題があります。何度も問題を解く演習をしておくことで、理解力や読解力もつき応用力がつきます。また、独学のメリットは自分のペースで学習が進められることです。宅建の勉強を机に座って勉強しなければならないという固定観念がありますが、電車の待ち時間であったり、ちょっとした仕事の合間の休憩時間などスキマを活用することで効率よく学習できます。