難易度の高い宅建の資格を独学で学ぶ方法とは

宅地建物取引主任者に合格

宅建は、不動産業界に限らずさまざまな業界で活かすことができる資格です。専門学校に通わなくても独学でも十分に合格することは可能であり、ポイントは最新の傾向を捉えた参考書、そして問題集を只管解いていくことです。

テキスト選びが重要です

模型を持つ人

専門学校の模試を利用する

宅建は不動産業界で働く人に必要な資格の一つです。宅建は宅地建物取引主任者の略称で、国家資格に該当します。宅建の資格を得るためには、国家資格試験に合格する必要があります。宅建試験の合格率は年によって異なりますが、平均的には15パーセントから18パーセントと云われています。宅建試験は難易度の高い国家資格試験であるため、受験生の多くは専門学校に通学したり、通信教育を受講して勉強しています。宅建試験については、専門学校等に通学せずに独学で合格することも可能です。独学で試験合格するには、学習の計画策定、テキストや問題集選び、直前模試の受験などが重要なポイントとなっています。独学で学習する場合には、1週間や1か月単位での学習計画の策定が必要です。独学での合格を目指す人には、テキストや問題集選びが重要です。テキストは、基本的なポイントを網羅したものが効果的です。問題集は過去問を中心にしたものが最適です。宅建の試験は、過去に出題された問題に類似した問題が出題される傾向があります。専門学校の作成したテキストや問題集も販売されていますので、これを購入して学習することもできます。できるだけ多くの過去問を学習することが効果的ですが、最低でも過去の5年分の問題を解く必要があります。専門学校では、学習の理解度を確認するために定期的な模試や宅建試験の直前には直前模試を実施しています。独学で宅建試験の合格を目指すには、専門学校の模試を利用することが効果的です。

男女

テキスト選びと学習計画

国家資格である宅建を独学で学習する場合、テキスト選びが重要です。法改正等がありますので、必ず最新年度の参考書を購入することです。そして過去問です。繰り返し過去問を解くことで、弱点を理解して克服できるようにします。

勉強

1人で行う学習のメリット

宅建は不動産関連の仕事に求められる資格となり、働きながらでも取得を目指す人も少なくありません。この学習法としては、スクールや通信講座の他に、独学という方法もあります。独学でも資格を取得できる可能性はありますが、その方法に向いていれば負担が少なくメリットの大きい学習ができます。